So-net無料ブログ作成

2018年5月 MAY

■ 野々下由香里ソプラノリサイタル
〜フランス古典を辿る〜
桑形亜樹子氏 (cemb) を迎えて
2018年5月11日(金)19:00開演
東京オペラシティ近江楽堂

恋歌にも祈りの歌にも施された、フランス古典期の優美な装飾。
声とクラヴサンのみの親密なアンサンブルでお届けします。
Program
◆ミシェル・ランベール (1610-1696):味わおう、甘美な休息を
 Michel Lambert:Goûtons un doux repos
◆ジョゼフ・シャバンソー・ド・ラ・バール (1633-1678):希望が恵みになるならば
 Joseph Chabanceau de la Barre:Si c’est un bien que l’espérance
◆フランソワ・クープラン (1668~1733):ブリュネット《ゼフィール》
 François Couperin:Brunette《Zéphyre》
◇フランソワ・クープラン (1668~1733):《クラヴサン曲集第1巻》より〈暗闇〉〈巡礼者〉
 François Couperin:《Premier livre de clavecin》〈La ténébreuse〉〈Les pèlerines〉
◆アンドレ・カンプラ (1660~1744):カンタータ《エベ》
 André Campra : Cantate《Hébé》
◆ミシェル・リシャール・ドラランド (1657~1726):聖金曜日のための第3ルソン
 Michel –Richard de Lalande:Troisième Leçon de Vendredi Saint
ほか
※曲目に変更が生じる場合があります、ご了承下さい。
全席自由 前売4500円/当日5000円
オペラシティチケットセンター他にて近日発売予定

DSC00895web用.jpg
→6月
HOME TOPIC SPECIAL  FACEBOOK